• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

会社情報

ホーム > 会社情報 > 企業の社会的責任(CSR) > 研究開発 > 学会誌・業界紙への投稿

学会誌・業界紙への投稿

新商品開発 発想、追求、挑戦… いつも新しい“食”にこだわりつづける力

当社は基本食のトップメーカーを自負し、常に新しいニーズに対応してきました。
現状に満足せず、オンリーワンの商品を実現していく企業力こそ、
他社との差別化をはかれる「はくばく」らしさ。
企画、研究開発、販促、ひとつの商品が誕生して皆様のもとに届くまでには幾多の困難とドラマがあります。
夢だけでは商品化はできないけれど、夢なくしては新しい発想の商品は生まれません。
スタッフたちの熱い想いが込められたはくばく商品です。

  • 学会誌・業界紙への投稿(2000年以降)
  • 学会などへの発表(2000年以降)
  • 特許取得(2000年以降)
2000年以降の主な投稿(学会誌・業界誌等)

おいしい麦ご飯-褐変・におい低減のおいしい炊き方

投稿誌:食品加工総覧第9巻 追録第14号
発表・発刊年月:2017/10
投稿者:原貴彦

大麦加工食品の機能性表示への挑戦

投稿誌:食品と開発 Vol.52 No.4
発表・発刊年月:2017/03
投稿者:小林敏樹,山下奈々

Sorghum Tea Does Not Alter Postprandial Plasa Triglycerides. -A Rondomized, Placebo-controlled, Crossover Clinical Trial-

投稿誌:Jpn Pharmacol Ther. vol.42
発表・発刊年月:2015/07
投稿者:Hiroshi Yokomichi, et al Tsubasa Matsuoka, Nobumasa Ayuzawa (Hakubaku)

Daily Sorghum Tea Reduces Human Body Fat and Plasma Glucose. -A Clinical Investigation of the Efficiacy and Safety of Long-term Intake-

投稿誌:Jpn Pharmacol Ther. vol.42
発表・発刊年月:2015/07
投稿者:Hiroshi Yokomichi, et al Tsubasa Matsuoka, Nobumasa Ayuzawa (Hakubaku)

もち性大麦粉の製パン特性

投稿誌:New Food Industry Vol.57 No.10
発表・発刊年月:2014/10
投稿者:嶋田幸治

大麦食が過体重日本人男女のメタボリックシンドローム関連指標に及ぼす影響

投稿誌:ルミナコイド研究 Vol.18 No.1
発表・発刊年月:2014/07
投稿者:松岡翼,内松大輔,小林敏樹,青江誠一郎(大妻女子大)

大麦粉含有うどんの摂取がⅡ型糖尿病患者の血糖に及ぼす影響

投稿誌:ルミナコイド研究 Vol.17 No.1
発表・発刊年月:2013/08
投稿者:小林敏樹,金子誠治,松岡翼

有色素米の安定生産技術の確立

投稿誌:山梨県総合理工学研究機構報告書第7号
発表・発刊年月:2012
投稿者:石井利幸(山梨県総合農技セ)他,松岡翼

山梨県における有色素米の有望品種

投稿誌:山梨県総合理工学研究機構報告書第6号
発表・発刊年月:2011
投稿者:石井利幸(山梨県総合農技セ)他,内松大輔

小麦フスマ含有ビスケットの排便状況に及ぼす影響

投稿誌:山梨学院短期大学研究紀要第31巻
発表・発刊年月:2011
投稿者:金子誠治,松岡翼,中川裕子(山梨学院短期大学)他

原料大麦の麦茶適性の簡易識別法の検討

投稿誌:日本作物学会紀事 Vol.79 No.3
発表・発刊年月:2010/07
投稿者:松岡翼,鮎沢信昌,小林敏樹

ルミナコイドの保健機能と応用―食物繊維を超えて―   第6章 大麦粉(β-グルカン)

投稿誌:ルミナコイドの保健機能と応用―食物繊維を超えて―  (シーエムシー出版)
発表・発刊年月:2009/07
投稿者:小林敏樹

食品と熟成  第4章 農産食品  4─1 麺類

投稿誌:食品と熟成(光琳)
発表・発刊年月:2009/01
投稿者:遠藤好司

地域資源活用 食品加工総覧第9巻 オオムギ  主食用品種の開発~褐変防止と高食物繊維含量

投稿誌:地域資源活用 食品加工総覧(農産漁村文化協会)
発表・発刊年月:2008
投稿者:遠藤好司

食物繊維素材:β-グルカン

投稿誌:食物繊維学会誌Vol.12 No.1
発表・発刊年月:2008/06
投稿者:小林敏樹

大麦の生理機能と加工大麦としての今後の動向について

投稿誌:米麦改良2007年9号
発表・発刊年月:2007/09
投稿者:小池肇

麦ごはんの六条大麦はなんたって国産です

投稿誌:現代農業2007年2号
発表・発刊年月:2007/02
投稿者:小池肇

健康な若年成人女性の排便習慣に対する大麦ふすま内層画分配合シート型シリアルの影響

投稿誌:日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌) Vol.8 No.1
発表・発刊年月:2004/06
投稿者:中嶋洋子(聖徳大 人文)他,池田彰男他

有用成分を高める国産麦茶の加工及び焙煎技術の開発

投稿誌:食品工業Vol.47 No.12
発表・発刊年月:2004/06
投稿者:小池肇

Pearling quality of canadian barley valieties and their potential use as rice extenders.

投稿誌:Journal of Cereal Science. Vol.36
発表・発刊年月:2002/03
投稿者:M.J.Edney, et al Y.Endo, S.Ozawa,(Hakubaku)

大麦糠プロアントシアニジンの機能解析と応用

投稿誌:Food style 21 Vol.6 No.10 (通号 65)
発表・発刊年月:2002/10
投稿者:玉川浩司

ラットにおける化学誘発大腸癌の発生におよぼす大麦ふすまと小麦ふすまの比較

投稿誌:日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌)Vol.5 No.2
発表・発刊年月:2001/12
投稿者:片山(須川)洋子(大阪市大 生活科学)他,玉川浩司

ラットの消化管機能と脂質代謝に及ぼす大麦フスマ画分の影響

投稿誌:日本食物繊維研究会誌(現食物繊維学会誌) Vol.5 No.1
発表・発刊年月:2001/06
投稿者:清水純(東農大 応用生物科学)他,玉川浩司他

大麦糠のポリフェノール成分の機能性とその利用に関する研究

投稿誌:日本食品保蔵科学会誌Vol.27 No.2
発表・発刊年月:2001/03
投稿者:玉川浩司

麦-高品質化に向けた技術開発 第9章 加工技術 2.大・裸麦

投稿誌:麦-高品質化に向けた技術開発(農林水産技術会議事務局)
発表・発刊年月:2000/03
投稿者:遠藤好司