社員インタビュー

ニーズを踏まえ
プラスαの価値を伝える。

業務用の小麦粉・そば粉を中心に、大麦・雑穀・麦茶等を、主に飲食店様や食品メーカー様などに販売しています。原材料として提案をするうえで大切なのは、お客様とのコミュニケーションでニーズを探り、当社製品がどうお役に立てるのかを考えることはもちろん、最終的にどんな商品になり、お客様にどのようなメリットがあるのかをお伝えすること。おいしさプラスαの栄養価等の強みを、最大限活かした商品イメージを作成してお持ちしています。そんな一つひとつの試行錯誤がとても勉強になり、新鮮な毎日です。

国産無添加の麦茶と
銘打てる強み。

最近では、業務用麦茶原料の販売拡大という目標のもと、チームの一員として活動を続け、某飲料メーカー様に提案を採用いただくことができました。タイミングも良かったのですが、当社の麦茶原料が国産無添加であり、産地も絞って打ち出せる点にメリットを感じていただけたのだと思います。飲料メーカーと商談をし、開発部門からの協力を得ながら、私が窓口となって進めた話がまとまった時の気持ちは、まずは、ほっとしたというのが正直なところです。そのあと、商品化されて市場に出る時のワクワク感は、なんとも言えないですね。

業界全体に影響を与える
大きな仕事を目指して。

私の所属する部署では、年齢に関係なく非常にコミュニケーションが取りやすく、仕事のことはもちろん何でも相談できます。担当するお客様が当社製品を使って新商品を出された際には、購入してきてみんなで試食をして情報交換することも。そんな時に率直な意見を言ってくれるのがとても励みになります。市場構造や流行が刻々と変わる中でも、付加価値のある商品をご提案することで、お客様にも消費者の方々にもメリットがあるということを伝え続け、いつか業界や市場に影響を与えるような大きな仕事をするのが夢です。

一日のスケジュール

  • 8:00 出社
  • 8:30 朝礼
  • 11:00 商談
  • 12:30 昼食
  • 13:30 商談
  • 15:00 商談
  • 18:00 帰社
  • 19:00 退社
  • メールのチェック、今日の予定の確認
  •  
  •  
  • 得意先Aにて担当者と実績確認、今後の取り組みについて
  • 打ち合わせ
  •  
  • MRを兼ねて、外食では新メニューを試すことが多い。
  •  
  • 得意先Bにて、試作品と提案資料をもとにプレゼンテーション。
  •  
  • 得意先Cにて、担当者と実績確認、今後の取り組みについて打ち合わせ
  •  
  • メール確認、上司へ今日の商談状況を報告、商談資料作成等のデスクワーク
PAGE TOP

Copyright (c) Hakubaku co.,Ltd. All Right Reserved.