社員インタビュー

情報やアイデアを
部署横断的に育て企画に。

麦茶カテゴリーの新商品の企画と販促業務をしています。市場調査やデータ分析からお客様のニーズを探り、はくばくの麦茶を多くの人にどのようにして知っていただけるかを考える毎日です。月1回の商品戦略会議で、社長もいる前でプレゼンテーションをし、承認を受けて開発を進めていく形ですが、そこに至るまでには、部署内はもちろん研究開発部とも打ち合わせをするなど、かなりの下準備が必要です。それらを経て、絞り込んだ企画を、多くは前向きに捉えてもらい、「がんばって」と挑戦させてもらえるのが励みになります。

企画開発の立場から
お客様に響く言葉で。

昨年は、麦茶担当になって初めて商品化した商品の商談に同行し、そこで導入を決めていただくという経験も。営業担当の築きあげてきた先方との関係性も大きいですが、「企画から関わった立場だから、相手にその良さを伝えられた」と大きな自信につながりました。導入が決まった瞬間は、大学受験に合格した時以上にうれしかったです。新商品の企画から商品化、そして店頭に並ぶまでの道のりは平坦なものではないですが、その分実際にお客様の手に取ってもらえた時の感動は、言葉にしつくせないほどです。

広い視野を持って
信頼される存在になる!

商品戦略部の仕事は、研究開発部をはじめ、購買、工場、営業など、他部署との密な連携により成り立つ業務のため、社内の人とのつながりをとても大切にしています。敏感なアンテナを持ち、コミュニケーション力を磨いて、今後もお客様や消費者にも響く商品作りをしていければと思っています。そして、担当している商品について「○○のことなら勝部に聞けば分かる!」と、頼ってもらえるような存在になりたいです。まだまだ力不足ですが、信頼してもらえるよう、誠実さと情熱を持って挑戦していきたいです。

一日のスケジュール

  • 8:15 日報確認、今日の予定確認
  • 8:30 朝礼、メールチェック
  • 10:00 チーム打ち合わせ
  • 11:30 データ分析
  • 12:30 昼食
  • 13:30 メールチェック、情報収集
  • 14:00 来客応対
  • 14:30 打ち合わせ
  • 16:00 会議資料作成
  • 18:00 社内依頼対応
  • 19:30 退社
  • 毎日配信される営業日報で麦茶の商談状況の確認、今日の業務の予定を立てます
  •  
  • 社内外からのメールの確認と対応、優先順位をつけて行います
  •  
  • 麦茶・乾麺チームで業務の進捗報告・確認
  •  
  • 商品の販売動向の確認・まとめをします
  •  
  • 外で買って社内で食べる時もあれば、気分で外食の日もあります
  •  
  • ネットや雑誌などで、情報収集をします
  •  
  • 商品に使用する資材やデザインについて打ち合わせをします
  •  
  • 新商品のコンセプトや企画について打ち合わせ
  •  
  • 新商品のプレゼンテーションに向けた資料を作成します
  •  
  • セールスからの資料等の依頼事項に対応します
  •  
  • 業務によって早い日もあれば、遅い日もありますが、
  • できるだけ早く終わらせるよう心掛けています
PAGE TOP

Copyright (c) Hakubaku co.,Ltd. All Right Reserved.