赤米

古代米のひとつ。

2千年以上前の縄文時代晩期に中国大陸から伝わり、以来、邪馬台国や大和朝廷への献上米も赤米が主だったといわれています。野生稲の大部分が赤米だったことから、米のルーツ(赤飯のルーツ)とされています。控えめな香りと紅い色が特徴で、あっさりとした味。

カテキン、タンニンが鍵。

赤米の色素であるカテキン・タンニンは、ワインやお茶にも含まれ有名です。食物繊維を含み、マグネシウム、ビタミンB1なども含みます。