大麦

庶民の健康食として古くから愛される。

大麦の原産国は西南アジアとされ、古代エジプトからヨーロッパ、インド、中国へ渡来しました。インド文明は大麦によってはぐくまれたとさえいわれ、チベットでは現在も主食にしています。日本でも米とともに非常に古くから作られ、庶民の食として定着する一方、健康食としての一面もすでにもっていました。日本最古の医学書にもその有用性がうたわれており、徳川家康が健康のために麦めしを好んで食べていたことも有名。その後、米の生産が安定したため、調理の手間がかかる大麦は敬遠されてきましたが、現在では炊きやすく加工された「押麦」や「米粒麦」などが浸透し、その豊富な栄養も改めて見直され、健康食として注目されています。

食物繊維が豊富。白米の17倍。

大麦が優れているのは食物繊維。白米の17倍という豊富さだけでなく、水溶性、不溶性という2種類の繊維をバランスよく含むという点が特徴的です。日本人に不足しがちな食物繊維。健康のために食物繊維たっぷりの大麦を食生活に取り入れてみてはいかがですか。