そば

そばはロシアやポーランド、国内では北海道など主に寒冷地で栽培されています。粒のままスープなどに入れて食される地域もありますが、多くは粉に挽いてから使われています。国内では麺の「そば」として食されるのが一般的で、使用する部位によって、更科そば、藪そば、御膳そばなどになります。また、欧米では、ソバクレープ(ガレット)やパンケーキを作るときにも用いられています。
必須アミノ酸のリジンや、ルチンのようなポリフェノールも多く含みます。