たかきび

イネ科の仲間で、別名もろこし、コーリャンとも呼ばれています。 アフリカ原産の穀物で紀元前3千年より以前から栽培され、インドを経て東アジアに伝播し、紀元前4世紀ごろには中国へと伝わり、北部から満州にかけて広く栽培されるようになりました。東アジアでは炊いたり、粉にしてだんごなどに用いられています。

豊富なカリウムの他に、マグネシウム、カリシウム、鉄などのミネラルを含み、弾力のある食感でこくがあるため、茹でてひき肉の替わりに使用しても美味しく召し上がれます。近年ではたかきびポリフェノールのはたらきにも注目されています。