• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > KOKUMOTSUを知ろう! > 大麦の食物繊維

大麦の食物繊維

大麦には、水溶性、不溶性の食物繊維がバランス良く含まれています。

食物繊維の種類について

食物繊維とは「人の消化酵素で消化できない食品中の難消化性成分の総称」。つまり「食べ物を食べても吸収されずに、体内を通過する成分」のことをいいます。以前は栄養ではなく、食べ物の「カス」のようなものと考えられていました。しかし、食物繊維の重要な働きが解明されるにつれ、「第6の栄養素」として、見直されるようになってきています。

食物繊維には水に溶ける「水溶性食物繊維」と、水に溶けない「不溶性食物繊維」があり、それぞれが異なった働きをしています。
どちらも私たちの健康を維持していくために、必要不可欠な栄養素ですが、多くの食品は1:4の割合で「不溶性食物繊維」の方が多く含まれており、そのため、特に「水溶性食物繊維」が不足していると言われています。大麦のように2種がバランス良く含まれている食品は、あまり多くありません。

 食物繊維含量

働き

◆不溶性食物繊維の働き

不溶性食物繊維の働き不溶性食物繊維は、体内でほとんど変化しません。そのため、腸に到達すると身体は異物として対外へ出そうと反応します。腸の活動が活発になる訳です。当然、食物繊維だけを排出することはできないため、腸内にある他の食品をまき取りながら、腸の中を早く通過します。

その結果、便通がよくなり、便の固さを正常化させ、便の量も増えます。これは、食品が腸内に長く止まること(便秘)から起こる~様々な悪影響―肥満、虫垂炎、ヘルニア、痔などを予防することにつながります。


◆水溶性食物繊維の働き

水溶性食物繊維の働き水溶性食物繊維は、水分を吸収して膨らみ、他の食品と混ざり合いゼリー状になって消化管をゆっくり通過します。食べ物を消化吸収する速度を緩めるため、血糖値の急激な上昇を抑える作用があり、糖尿病予防に効果があると言われています。腸内では、古い便から発生する有害な物質の発生を抑え、食品の発酵分解を行う有益な細菌を増やし、腸のぜん動運動を活性化して、排便を促します。また、余分な塩分、コレステロールなどをガムのように吸着して、体外に出す作用があり肥満をはじめ、動脈硬化、高脂血症などの生活習慣病に役立つと言われています。