• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > 十六穀で筍とあさりのあんかけごはん

十六穀で筍とあさりのあんかけごはん

メールする 印刷する
十六穀で筍とあさりのあんかけごはん

春の香りを楽しむ、彩りさわやかなごはんです。あんのとろみは、水溶き片栗粉の量を調節してお好みで。

このレシピにつかわれているはくばく商品

材料
  • 2人分
  • 筍(茹で)
  • 100g
  • あさり(殻つき)
  • 200g
  • グリーンピース(さやつき)
  • 100g
  • 大さじ4
  • 昆布
  • 2g
  • 200cc
  • 薄口しょうゆ
  • 小さじ2
  • みりん
  • 小さじ2
  • 少々
  • 片栗粉(水大さじ2で溶いておく)
  • 大さじ1
作り方
  • 1. 筍は細切りする。アサリは海水程度の水につけて砂ぬきし、こすり洗いする。グリーンピースはさやから出す。
  • 2. 鍋に昆布、酒、あさりを入れてふたをし弱火にかける。あさりの口が開いたら火を止めてざるでこし、煮汁とあさりに分ける。あさりの身を殻からはずす。
  • 3. 煮汁に水、薄口しょうゆ、みりんを加えて、筍、グリーンピースを入れて中火にかける。煮立ったら弱火にしあさりを加え、塩で調味する。
  • 4. 水溶き片栗粉を少しずつ加えてとろみをつけたらさっと煮立たせ火を止める。
  • 5. 十六穀ごはんを茶碗に盛り、4のあんをかける。