• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > 十六穀であさりごはん

十六穀であさりごはん

メールする 印刷する
十六穀であさりごはん

旬のあさりをおいしくいただきます。あさりは別に煮て、煮汁でごはんを炊きます。ふんわり弾力のあるあさりと、香ばしい雑穀の風味がよく合い、磯の香りがおいしさを引き立てます。

このレシピにつかわれているはくばく商品

材料
  • 2〜3人分
  • 2合
  • アサリ
  • 220g
  • 50cc
  • 50cc
  • 大根
  • 50g(3〜4cm)
  • 油揚げ
  • 1/2枚
  • 細ねぎ
  • 2〜3本
  • 薄口しょうゆ
  • 大さじ1弱
  • みりん
  • 小さじ2
  • だし汁
  • 360cc
作り方
  • 1. ボールに薄い塩水をかぶるくらいに入れてアルミホイルでふたをし、冷蔵庫で半日程度おいて砂出しする。
  • 2. 油揚げは熱湯を回しかけて油抜きし、水気をきり千切りする。大根は千切り、細ねぎは小口切りする。
  • 3. 米はたっぷりの水につけて30分ほどおき、ざるにあげてしっかり水気をきる。十六穀は水60ccにつけておく。
  • 4. 鍋に水気をきったアサリ、水と酒を加えて中火にかけ煮立ってきたら、アサリにまんべんなく早く火が通るように箸で混ぜる。(ここで加熱しすぎないように!)
  • 5. アサリの口が開いたら火からおろし、キッチンペーパーを敷いたざる等で煮汁をこす。
  • 6. アサリの煮汁に分量の薄口しょうゆ、みりんを加え合わせて360ccになるようにだし汁を足す。
  • 7. 炊飯器に水気をきった米、十六穀、だし汁を加えてひと混ぜし、大根、油揚げを加えて炊飯します。
  • 8. アサリは殻から身を外しておく。ごはんが炊けたらアサリをのせて3分ほど蒸らす。ごはんを器に盛り、細ねぎを散らす。