• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > 十六穀ごはんの手まり寿司4種

十六穀ごはんの手まり寿司4種

メールする 印刷する
十六穀ごはんの手まり寿司4種

桜の花を愛でながら。かわいい手まり寿司に舌鼓!

このレシピにつかわれているはくばく商品

材料
  • 4人分
  • 2合
  • 500ml
  • 昆布
  • 10cm角1枚
  • 大さじ1
  • すし酢
  • 大さじ4(純米酢40cc、 砂糖、36g、塩10g)
  • ねり梅
  • 小さじ1強
  • <A>
  • エビ
  • 2尾
  • 1個
  • 砂糖
  • 小さじ1/2
  • 少々
  • <B>
  • チンゲン菜
  • 1株
  • しば漬け
  • 適量
  • <C>
  • うなぎ蒲焼き
  • 半見
  • ねぎ小口切り(もしくは芽ねぎ)
  • 少々
  • れんこん輪切り
  • 4枚
  • 青しそ(千切り)、ねり梅
  • 少々
作り方
  • 1. 米は水洗いして、炊飯器に入れて水、十六穀、昆布、酒を加え軽くかき混ぜて炊飯します。
  • 2. すし酢とねり梅を混ぜておきます。
  • 3. 炊きあがったら飯台に開け、2のすし酢を回しかけ、そのまま1分間蒸らします。
  • 4. しゃもじで切るように混ぜ合わせ、人肌位まで冷まし、16等分に分け丸めておきます。
  • 5. <A>の下ごしらえ:エビは殻つきのまま背ワタを取ってゆで、冷めたら殻をむいて厚みを半分にしさらに横に半分に切ります。
  • 6. 卵を溶いて、砂糖、塩を加えて、薄焼き卵を作り千切りにします。
  • 7. <B>の下ごしらえ:チンゲン菜の葉は熱湯にさっとくぐらせて水気をきります。
  • 8. <C>の下ごしらえ:うなぎは電子レンジで温め薄くそぎ切りにします。
  • 9. <D>の下ごしらえ:れんこんは皮をむき、花形に切り込みを入れます。合わせだし汁(※)を小鍋に入れ中火にかけ煮立ったら、れんこんを入れ3〜4分煮て、そのまま冷まします。
  • 10. ラップの上にすし種(A:エビと卵、B:チンゲン菜としば漬け、C:鰻とねぎ、D:れんこん・梅・しそ) を置き、すし飯をのせてしっかり包んで丸く形を整えます。
ここがポイント
<D>のれんこんの輪切りは、下記分量で事前に煮込んでください。
※だし汁:100ml
※酒:大さじ1
※みりん:大さじ1
※砂糖:大さじ1
※塩:ひとつまみ
※薄口しょうゆ:小さじ2
ここがポイント