• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > 十六穀の香ばしタルト

十六穀の香ばしタルト

メールする 印刷する
十六穀の香ばしタルト

甘く煮た十六穀をタルトにのせて焼きます。カリッと香りよく仕上がります。

このレシピにつかわれているはくばく商品

材料
  • 直径6cmタルト型12個分
  • 十六穀ごはん
  • スティック1本(30g)
  • 150cc
  • 砂糖
  • 大さじ2
  • <A>タルト生地
  • バター
  • 50g
  • 砂糖
  • 30g
  • 1/2個
  • 薄力粉
  • 100g
  • 少々
  • <B>クリーム
  • バター
  • 30g
  • 砂糖
  • 30g
  • 1/2個
  • アーモンドパウダー
  • 35g
  • ラム酒
  • 小さじ1
  • 少々
作り方
  • 1. <A>と<B>のバターを室温においてやわらかくする。薄力粉はふるっておく。
  • 2. 十六穀と水を小鍋に入れて10分以上おく。弱火にかけて15分ほど水気がなくなるまで煮る。最後に砂糖を加えて混ぜる。
  • 3. <A>のタルト生地を作る。ボールにバターを入れて泡立て器で白っぽくなるまで混ぜる。砂糖を2回に分けて加えて塩も加えてさらによく練り混ぜる。卵を加え混ぜ、薄力粉を3回に分けてふるい入れ、その都度ゴムベラで切るように混ぜる。生地を棒状にしてラップで包み冷蔵庫で30分ほど冷やす。
  • 4. <B>のクリームを作る。ボールにバターを入れて泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、砂糖を2回に分けて加え、卵、アーモンドパウダー、ラム酒を加えなめらかになるまで混ぜる。
  • 5. 3の生地を12等分して丸め、手のひらで5cmほどの円形にのばす。タルト型に敷き詰め、底の部分はフォークで穴をあける。4のクリームをスプーンで等分に入れて表面をならし、2の雑穀を等分にのせる。
  • 6. 180℃のオーブンで18分から22分ほど焼く。