• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > スチームケースで雑穀パン

スチームケースで雑穀パン

メールする 印刷する
スチームケースで雑穀パン

ホームベーカリーがなくてもスチームケースを使って、おうちで雑穀パンが焼けます!

材料
  • 1ケース分
  • 強力粉
  • 160g
  • ドライイースト
  • 4g(小さじ1と1/3強)
  • 牛乳
  • 120g
  • 無塩バター
  • 10g(小さじ2強)
  • 砂糖
  • 14g(大さじ1と1/2)
  • 2g(小さじ1/3強)
  • お豆が入った十六穀パンの素、もしくはごまが香ばしい雑穀パンの素
  • 1袋(70g)
  • つや出し用溶き卵
  • 大さじ2
作り方
  • 1. スチームケースに牛乳と無塩バターを入れて電子レンジ500Wで1分加熱し、菜ばし等で混ぜ、バターを溶かします。
  • 2. 人肌の温度(37℃ 前後が適温)になっていることを確認してから、イースト、砂糖、塩、雑穀パンの素、そして強力粉1/2量の順に、その都度菜ばしで混ぜながら加えていきます。※混ぜる際は温度が高すぎると、イーストが死活して膨らまなくなりますのでご注意下さい。
  • 3. スチームケースに残りの強力粉も加え、ひとまとめにしたら、両手で生地を中心に向かって、残った粉を集めるように100回程折り込むようにします。※生地が軟らかい場合には、手に強力粉を何度かつけながら折り込んでください。また硬い場合には手に水をつけながら作業してください。
  • 4. 少々べたつきが残っていても、するっと生地が手から離れる状態になったら、ひとまとめに丸めてやや平らに整えてからケースの中心に置き、霧吹きでひと拭きしてから蓋をし、電子レンジ弱(150〜200W)で1分加熱してください。※加熱が終わった段階で生地が熱かったり、表面にしこりのような硬い部分ができる場合には、加熱後の生地温度が30℃ 前後(ほんのりあたたかい程度)になるよう加熱時間を調節してください。
  • 5. 蓋の上にぬれ布巾をかけて室温(20℃ 前後)に10〜15分置き、発酵させます。
  • 6. 生地が約2倍に膨らんで、指に分量外の粉をつけて刺した跡がくっきりと残るようになったら、生地をケースから取り出し8等分に切り分けます。
  • 7. 6を軽く丸め、再びケースに戻し、蓋をした上にぬれ布巾をかけて10分ほど休ませます。※生地がやわらかくて丸めるのが難しい場合には、手に強力粉を薄く何度かつけながら丸めてください。
  • 8. 休ませたあと、再度丸め直し、閉じ目を下にして、クッキングシートを敷いたスチームケースに並べ、軽く霧吹きをかけてから蓋をします。それをレンジ弱(150〜200W)で1分加熱した後、上にぬれ布巾をかけて室温(20℃前後)に15〜20分置きます。※この間にオーブンを190℃に予熱しておきます。
  • 9. 生地が約2倍に膨らんだらお好みで表面に溶き卵を塗り、蓋をせずに190℃のオーブンで約20分こんがりと焼きます。
  • 10. 焼き終わったらすぐにケースから取り出し、クッキングペーパーもはずしてから網などにのせて冷ましてできあがりです。
ここがポイント
※市販のスチームケース 満水容量1リットルの場合の分量になります。メーカー仕様によって、分量は異なります。
※スチームケースは底部が波型形状のものをおすすめします。
ここがポイント