• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > レシピ > 雑穀を使ったレシピ > 雑穀のゆで方

基本雑穀のゆで方

メールする 印刷する
雑穀のゆで方

お料理に加えて食感や味のバリエーションを楽しみましょう。雑穀をゆでて保存
しておけば、普段から手軽に使えます。

材料
  • もちきび 水
  • 【ゆで時間:5分】
  • もちあわ 水
  • 【ゆで時間:5分】
  • キヌア  水
  • 【ゆで時間:10分】
  • アマランサス 水
  • 【ゆで時間:8分】
  • もち黒米 水
  • 【ゆで時間:白米と同じ】
作り方
  • 1. 沸騰したお湯に雑穀を加え、材料欄のゆで時間を参考にゆでて下さい。
  • 2. 雑穀は粒が小さいので、ゆでた後の湯きりには、茶こしまたは味噌こしを使用してください。
ここがポイント
・ゆでる前に10分以上吸水させると、ゆで時間が短縮できます。
・雑穀をゆでて保存しておけば、普段から手軽に使えます!ゆでたものを容器に入れて、冷蔵庫なら2~3日、冷凍庫なら2~3週間保存可能。
・冷凍する場合は、(1)小分けにする (2)バットなどに広げて冷凍し、固まった後にほぐして容器に入れる (3)ラップに薄く敷いて冷凍し、使う分だけを折り取って使用のいずれかが便利です。
ここがポイント