• 楽しむ・学ぶ
  • 商品情報
  • 会社情報
  • お客様相談室
  • はくばくオンラインショップ

楽しむ・学ぶ

ホーム > 楽しむ・学ぶ > KOKUMOTSU栽培記

KOKUMOTSU栽培記

麦や雑穀はどこで作られて、どんな風に私たちの食卓にのぼるのか・・・。
KOKUMOTSUが出来るまでの様子をご紹介します。

  • 大麦編
  • 小麦編

小麦は風土や気候に適応しやすい作物で、
世界各国で栽培されており、
世界各国の多くの地域で主食として食されています。
日本国内でも一般の人が小麦粉を気軽に口に出来るようになったのは
江戸時代以降で、現在も小麦粉を原料としたパンや菓子、麺類など
多くのメニューで親しまれています。

小麦粉は、含まれるタンパク質(グルテン)の量によって分類されます。
タンパク質の含有量で小麦粉に水を加えてこねたときの
粘りや弾力が異なります。
薄力粉は天ぷら粉や菓子用粉、
中力粉はうどん用粉、(準強力粉は中華麺用粉)
強力粉はパン用粉等、
として主に使用されています。
薄力粉より強力粉のほうがタンパク質が多く含まれます。

また、日本では近年注目を集めつつありますが
世界では古くから食物繊維を多く含む外皮の部分まで挽きこんだ全粒粉や、
ビタミンが豊富に含まれる小麦胚芽などの部分についても活用されています。